安心して任せられるスマホ修理
2020年8月6日 電池寿命や部品故障の事なら横浜のスマホ修理のお店へ

電池寿命や部品故障の事なら横浜のスマホ修理のお店へ

スマートフォンのバッテリーがあまり長持ちしなくなってきた、そう感じたら電池交換のタイミングです。

懐中電灯やテレビリモコンなどはユーザーが気軽に本体の電池を交換できます。一方でメーカーや世代にかかわらず、スマートフォンの場合、本体バッテリーの入れ替えは困難です。下手にユーザー側で本体を開封すると、故障の原因になります。個人差はありますが、内臓バッテリーの寿命は3年から5年程度です。利用頻度が高く、普段から高負荷な作業をよく行っていると、3年以下で電池の寿命を迎えます。横浜のスマホ修理専門店に行けば、内臓バッテリーの交換がお願いできます。

特にスマートフォン自体に不具合が見られなくても、横浜のスマホ修理店は利用してOKです。契約中のキャリアや本体のメーカーなどにかかわらず、非常に良心的な価格でバッテリーの交換が申し込めますし、作業にかかる時間はとても短いのでひと安心です。新品の内臓電池に入れ替えてもらえば、新品同然のパフォーマンスに戻ります。朝から夕方まで安心してゲームアプリや動画アプリが楽しめるようになり、モバイルバッテリーを購入よりも横浜のスマホ修理専門店を利用した方がお得で便利です。

朝寝坊をすると大慌てで、身支度をしなければなりません。焦ると誰でも注意散漫になり、誤って愛用のスマートフォンを踏みつけてしまったり、ポケットから落としてしまうものです。元々デリケートな小型で薄型の製品の場合、外部から強い衝撃を受けると、本体ボタンが欠けたり、画面に大きなキズが入ったりします。電源ボタンが押せないと安心して使えませんし、画面がひび割れると操作性がかなり悪くなったり、表示された文字や画像が見づらくなります。物理的な不具合はユーザー側で直せませんので、困った事があれば横浜のスマホ修理専門店に相談するのが吉です。事前に予約を入れてから来店した方が、スムーズに対応してもらえます。評判の良いお店は、曜日や来店する時間帯にかかわらず、大勢のユーザーが店内で待っている可能性大です。メッセンジャーアプリや電話にて、事前に予約を入れた方が混雑を避けてスマホ修理を依頼出来ますし、初めての方でも落ち着いて端末を預けられるのでお勧めです。横浜在住の方であれば、いつでも気軽に電車やタクシーでお店に行けます。平日は学業や仕事で多忙な方も、土日祝日なら無理なく来店できるでしょう。多くの専門店は土日祝日は勿論、大型連休期間でも普通に営業しているのでひと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *