安心して任せられるスマホ修理
2020年9月18日 横浜のiPhone修理業者と正規店の違い

横浜のiPhone修理業者と正規店の違い

iPhoneを日常的に使用していると、ポケットから落ちて水没させてしまったり、高い場所から落として画面割れや不具合が起こってしまったという経験をお持ちのユーザーは非常に多いです。専用のカバーなどを装着していても、iPhoneは精密機械なのでちょっとしたダメージによって電源が入らなくなったり、不具合が起こってしまう可能性は高くなります。そういった場合docomoやau、Softbankといった携帯会社のキャリアショップや、Appleの店舗に修理が必要なiPhoneを持ち込むことで、修理を依頼することが出来ます。ただ最近では横浜など中心地に数多くiPhone修理専門店が登場するようになり、横浜市内であれば複数店舗があることからキャリアショップやApple公式店に比べて即日対応が行えることから、急いで修理を依頼したい人を中心に横浜のiPhone修理店に持ち込むことが増えてきています。

ただ今まで正規店と呼ばれるキャリアショップや、Apple公式店だけを利用してきたというユーザーにとっては、iPhone修理店で適切な処置を受けられるのか心配という声も多いです。そこで正規店と非正規店で受けられる修理内容の違いなどを正しく理解した上で、どちらが便利か選ぶようにすることが大切です。まず多くの修理内容として挙げられるのが、画面割れや電源が入らない状態、バッテリー交換の3つがあります。バッテリー交換の場合Appleは直接の窓口となるため、持ち込んでからすぐに修理工場に配送になりますが、キャリアショップは受付窓口となるのでメーカーに機種が届き修理を行うまで少し時間がかかってしまう特徴を持ちます。

しかしどちらもAppleCareに加入していたり、各キャリアの保証サービスに加入していれば購入先で保証が適用となるのでバッテリー交換や画面割れ、電源がつかない不具合は通常よりも安く済ませることが可能です。非正規であるiPhone修理店は、基本機種の預かりとなる正規店とは異なり持ち込んだ店頭で修理を行うため、バッテリー交換であれば約30分ほどで作業が完了します。他にもデータの消去を行わないため、正規店では必要だったデータのバックアップの必要がなく料金も5、000~10、000円ほどで請け負うので、正規店よりも安く済ませられる特徴を持ちます。ただ一度非正規店で修理を依頼すると、今後Appleの公式店やキャリアショップでの保証が受けられなくなる可能性もあるので、利用する際にはリスクも確認した上で利用することが大切です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *